0

秋瑾墓

sponsored ads
秋瑾
秋瑾

清末の女性革命家秋瑾の墓。台座には孫文の筆になる「鑒湖女侠千古」の題字がはめ込まれ、その上に左手を 腰に右手に剣を握った白亜の秋瑾像が立っている。前方を凝視した凜とした表情は、女侠の名に ふさわしい気迫が漂っている。秋瑾は生前、この西湖のほとりに埋葬されることを希望 していたが、処刑後は当局の目がきびしく、遺体は同志らの手で転々とした。だが、辛亥革命によって 清朝政府がほろぶと、願いはようやくかなえられ、1913年、孫文立会のもとでここに葬られたと 伝えられる。浙江省杭州市西湖の孤山、西冷橋のたもとにある。

sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)