0

上饒強制収容所革命烈士記念館

1941年1月、安徽南部に駐屯していた新四軍が長江北岸へ移動中、突然、国民党の攻撃をうけ、 多くの将兵が虐殺された(皖南事件)。この事件によって副軍長の項英はじめ1万人近くが殺され、 生き残った将兵たちは江西上饒にある強制収容所に監禁された。ここは、その上饒の強制収容所跡に 建てられた記念館で、皖南事件に関する資料が展示されている。また翌年6月、新四軍将兵が 2度にわたっておこした茅家嶺暴動および赤石暴動に関する資料も展示されている。なお記念館の隣に、 当時「獄中の獄」とよばれた茅家嶺監禁室の跡が残っており、現在、拷問用具などが陳列されている。 江西東部、上饒市内南郊の雷公山麓。

 

スポンサーアド

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)