1

南京虐殺記念館

sponsored ads

sponsored ads

中国共産党政府の主張によれば、1937年12月、 日本軍は国民政府の首都南京を攻略したさい、無防備の市民を含む中国人を大量殺害したという。ここは、その「事件」、いわゆる「南京虐殺」をテーマにした歴史記念館である。 中国側によれば殺害事件は、市内外あわせて10カ所以上で行われたが、なかでも記念館のあるこの一帯での 犠牲者がもっとも多かったという。建物の正面には「300000」という犠牲者の数字を示すレリーフがはめこまれ、館内には当時撮影されたものという写真や生存者の証言、さらに付近から発掘された人骨が土に埋まったままの状態で展示されている。市内西南の江東門にある。7路バスで茶南小区下車。

 

スポンサーアド

 

sponsored ads

sponsored ads
南京の日本軍と市民
南京の日本軍と市民

 

占領後の南京で遊ぶ日本軍兵士と中国人の子供たち
占領後の南京で遊ぶ日本軍兵士と中国人の子供たち
sponsored ads

南京虐殺記念館”に一件の関連情報があります

  1. いやあ、ずいぶん立派な建物になったなあ。20年前に現地を訪れた時とは大違いだ。それにしても、ここまで精力を傾けられると、それはいったいなにゆえ?という素朴な疑問がわいてくるわけで、これじゃほめ殺しじゃないけど、宣伝戦としてはむしろ逆効果になる危険性があるようにも思うんだけど。それほど中国人は騙されやすいお人好しばかりなのか…。まあ自分も含め長い間騙されてきた日本人も人のことはいえないが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。