0

双清別墅(毛沢東旧居)

sponsored ads

解放戦争末期の1949年3月、北京に入った毛沢東が最初の住居をおいた場所。 双清とは2つの泉を意味し、元のフビライによって発見されたといわれる。現在の建物は 、1917年に河北一帯を襲った大洪水のさい、李大釗らが災害孤児を救うために建てた 「慈幼院」の跡。 香山公園内、香山寺の下にある。動物園より360路バス、頤和園より333路バス、 苹果園より318路バスで、いずれも終点の香山下車。

 

スポンサーアド

 

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)