0

康有為生家

sponsored ads

スポンサーアド

康有為は1858年、広東南海県の生まれ。37歳で科挙に合格した後、時の皇帝光緒帝の知遇を得て1898年に急進的な政治改革 (戊戌維新)に乗り出した。だが、これをよろこばない西太后ら保守派の弾圧によって失脚、わずか100日ほどで亡命をよぎなくされた。 亡命後も弟子の梁啓超らと立憲君主制を主張する保皇会を結成、孫文らの革命党と激しい論戦を展開した。辛亥革命 成功後も清朝の復辟を熱心に主張し、1917年の張勲による復辟事件にも裏で画策したといわれる。晩年は儒教の国教化をはかり、 孔子教を創設したが、1927年3月、病気のため青島で死去した。広東省南海県仏山にある。

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)