0

広安門事件跡

sponsored ads

1937年7月26日、盧溝橋事件の勃発を受けて居留民保護のため北京へやってきた日本軍に対し、 北京広安門の城壁にいた中国兵がいきなり機関銃掃射を加えてきた事件。この広安門事件は先日結ばれたばかりの現地停戦協定を反古にすることで、和平に向けて動き出していた日本側を無理矢理戦争に引きずり込もうとした中国側の策謀であったという見方もある。前日に発生した廊坊事件とともに日中全面衝突を不可避とした一連の挑発事件のひとつ。北京の西南、広安門駅の付近。

 

スポンサーアド

 

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)