0

湛江人民抗法闘争旧址

sponsored ads

フランスの侵略に対する人民の抵抗拠点となった場所。
1898年4月、フランスは広州湾租借地問題を口実に湛江に強行上陸。これに怒った 付近の民衆は、同年7月ここを拠点に 抗法(フランス)闘争を開始した。旧址はも ともと清の雍正年間に建立された上林寺と呼ばれる寺院で、98年7月28日、門前 に指導者らが集まり、血をすすりあって決死の戦いを誓った。広東省湛江市東南郊の南柳村にある。

sponsored ads
sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)