0

百団大戦跡

sponsored ads


山西省陽泉市の百団大戦記念館
何度も和平交渉を持ちかけた日本。その度に邪魔をした中共。和平機運に水を差した百団大戦もまた中共こそが日中戦争の仕掛け人だったことを示す動かぬ証拠である。

1940年8月、国民党内に対日妥協機運が生まれたのにあせった中国共産党は、そうした機運に水をさすべく計115師団、40万の兵力を投入して華北の主要な鉄道にいっせい攻撃を加えた。これが中国共産党が自画自賛する百団大戦なる戦闘である。

これはたしかに支那事変中もっぱら山岳地帯に隠れ潜んでいた中国共産党がその重い腰をあげて立ち上がった数少ない抗日戦闘のひとつである。しかしその実態はといえば、一般人を装ったゲリラや民兵を動員して引き起こした同時多発的なテロ活動にすぎなかった。

とはいうもののその結果、正太線がズタズタに寸断され、また満州鞍山製鉄所の燃料供給源であった井(脛) 炭坑もしばらく採炭不能に陥るなど日本側にもそれなりの被害をもたらし、またこれにより両軍の間にきざしていた停戦機運は雲散霧消し、和平に向けたそれまでの日本側の長年にわたる努力も水の泡となってしまったのも事実である。

正太線は 正定と太原を結ぶ鉄道路線。井(脛) 炭坑は河北省石家荘の西にあった。

(解説)
国民党内に生まれた対日妥協機運というのは、もうこれ以上日本軍と戦うのはやめようということです。要するに停戦です。しかし当初から山岳地帯に隠れ潜み、日本軍との戦闘には消極的だった中国共産党がここへ来てなぜ突然そこまでして停戦に反対したのでしょうか?

sponsored ads

その理由は両軍が交戦していた方が中共にとって都合がよかったからです。そのことは戦中、みずからはほとんど日本軍と戦うことのなかった中国共産党が日本軍撤退後、国民党を追い落として政権を奪取した事実からも見て取れるでしょう。実際、中国共産党はその間、日本軍との戦いは国民党軍に任せたまま、自らはその背後で支配地域を着実に拡大していたのです。

sponsored ads

そもそも日中戦争自体、中国共産党がしかけたものでした。盧溝橋事件で最初に発砲したのは中国共産党北方局の劉少奇麾下の部隊でしたし、船津和平協定の当日に大山大尉殺害事件を引き起こし、停戦協議を邪魔したのも中共でした。つまり日中戦争そのものが日本軍と国民党軍の共倒れをねらった中共がしかけた一大謀略だったのです。要するに中国共産党は最初から漁父の利を狙っていたのです。

口を開けば平和と戦争反対を訴えていた中国共産党の真の狙いがどこにあったのか、この百団大戦はその本音がポロリと漏れでた事件だといえるでしょう。

sponsored ads
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)