0

広州起義烈士陵園

sponsored ads

sponsored ads

スポンサーアド

 

蒋介石の反革命クーデター後、独自に革命を続行しようとした 中国共産党は、8月の南昌蜂起、9月の秋収蜂起に引きつづいて、広州でも大規模な暴動を計画した。12月11日早朝、 張太雷、葉挺、葉剣英らは、労働者赤衛隊と教導団(将校養成部隊)を主力とする武装民衆を率いて蜂起。 またたくまに全市を制圧し、ここに蘇兆徴を主席とする広州ソビエト政府(広州コミューン)を樹立した。この中国初の赤色都市政権は一時 「東方のパリ・コミューン」とたたえられたものの、国民党軍との圧倒的な戦力差にわずか3日間で崩壊、 およそ5000人にのぼる人々が処刑された。新中国成立後、その刑場跡に壮大な陵園が建築され、 広州起義烈士陵園と命名された。中央には銃を持つ手をかたどった巨大な記念塔がそびえ、 周囲は松や柏が生い茂る静かな公園となっている。中山三路の紅華崗。

sponsored ads

sponsored ads
sponsored ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)