0

中国革命博物館

sponsored ads
北京に入城する人民解放軍
北京に入城する人民解放軍

中国革命博物館は、隣接する中国歴史博物館とともに中国の歴史をテーマにした歴史博物館。 後者が古代からアヘン戦争前夜までを扱っているのに対し、前者はアヘン戦争以後の近現代史を扱っている。 館内には、各時代ごとの歴史解説とともに、合計1000件にもおよぶ遺品、文献、絵画、模型などの 資料が展示されており、アヘン戦争以来、100年におよぶ列強による半植民地化とそれに対する 民衆の抵抗という苦難に満ちた中国の近現代史が概観できる。以下は、展示品の一例。
「虎門大砲」「上海租界の外国商社の看板、製品、商標」「天王洪秀全の玉璽」「太平天国発行の紙幣」 「戊戌維新中に建てられた京師大学堂の額」「義和団民の武器、旗」「武昌蜂起軍が使用した武器、腕章、宣伝ビラ」 「宣統帝の退位証書」「北京大学演説隊の旗」「陳独秀が発行した『新青年』創刊号」 「四一二反革命クーデターの資金集めに蒋介石が上海銀行公会にあてた借金依頼書簡」 「井崗山根拠地の兵器工場で生産された手りゅう弾」「長征中、赤軍が食べ残した皮ベルト」 「毛沢東が連合抗日について張学良にあてた直筆の手紙」「八路軍、新四軍の証明書」 「国民党特務に殺害された民主人士聞一多の手書き原稿」。天安門広場の東端にある。

sponsored ads

 

スポンサーアド

 

sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)