大山勇夫中尉殺害事件跡

1937年8月9日夕、海軍特別陸戦隊の大山勇夫中尉と斉藤要蔵一等水兵が上海西部地区を視察中、 中国の保安隊によって射殺された事件。中国側は大山中尉らが制止もきかずに飛行場に入ろうとしたので やむなく射殺したと証言しているが、現場の状況からみて中国側の説明には矛盾した点が多く、むしろ7月の北京における広安門事件や廊坊事件、通州での日本人居留民虐殺事件に続く中国側による挑発事件のひとつと位置づけられる。作家ユン・チアンは張治中将軍のしわざとしている。現場は虹橋飛行場の東北、モニュメント路(今の綏寧路)の路上。

 
[ad#adsense]
 

張 治中
張 治中
0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

第二次上海事変戦跡

1937年8月13日、上海の日本人居住区域を包囲していた蒋介石国民党軍は何の通告もなく突然、日本軍陣地に攻撃をしかけてきた。これを受けた日本政府は同日夜、 松井石根を司令官とする上海派遣軍の派兵を決定。ここに第2次上海事変が勃発することになった。戦場となったのは当初、蘇州河北岸。そこから徐々に閘北、そして上海北郊へと拡大した。上海北郊は無数のクリーク(小運河)が 走る天然の要塞で、進撃する日本軍を悩ませた。戦闘は2か月あまりも膠着状態に陥ったが、柳川兵団が杭州湾に上陸すると中国軍は前線から撤退。ついに上海は日本軍の占領下におかれた。 その後、日本軍は撤退する中国軍を追ってそのまま南京へと侵攻した。第2次上海事変の主な戦跡は次のとおり。

中国国民党がねつ造した宣伝写真
中国国民党が捏造した宣伝写真

img_1

閘北

閘北は、第2次上海事変で最初の本格的な市街戦が行われたところ。なかでも中国軍がたてこもった商務院書館をめぐっては激しい攻防が繰り広げられた。商務院書館は上海北駅と虹口公園を結ぶ宝山路のなかほどにあった。

大場鎮

大場鎮の戦闘
大場鎮の戦闘

「上海戦線の203高地」といわれた大場鎮は第2次上海事変中、最大の激戦地となった場所。 無数のクリークに守られたこの天然の要塞を陥とすため日本軍はその兵力の8割を失った。上海市の西北、北郊駅から西に下がったところ。

金山衛

杭州湾に上陸した日本軍
杭州湾に上陸した日本軍

上海戦線の膠着状態を打開するため柳川平助中将率いる第10軍が1937年11月5日払暁、 杭州湾北岸の金山衛に奇襲上陸を敢行した。その翌日、上海の蘇州河北岸に高々とアドバルーンが掲げられた。そこには「日軍百万杭州北岸に上陸」と大書されてあり、それを見た中国軍は一気に士気を失い、敗走をはじめた。上海から伸びる金山支線の終着駅。

(解説)
支那事変の発端は一般には盧溝橋事件とされています。しかし、本当は第二次上海事変とすべきです。なぜなら盧溝橋事件は現地停戦協定の締結によりすでに収束した事件だからです。しかし戦後、左翼歴史家たちはどういうわけかその発端を上海事変ではなく盧溝橋事件であると言って譲りませんでした。なぜでしょうか? 中国側が開戦の火ぶたを切ったことが明らかな上海事変を日中戦争の発端にした場合、「侵略に対抗して立ち上がった中国」という「神話」が成り立たなくなってしまうからです。そのため、彼らはそのはじまりを意図的に盧溝橋事件にまでさかのぼらせたのです。さらにそこでの発砲事件の背景を謎のままにしておくことで、あたかもその首謀者が日本側だったかのような印象操作を行ってきたのです。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

華北軍区烈士陵園

支那事変から解放戦争にかけて、華北地区で犠牲になった革命戦士の墓がある。中国革命を支援した外国人として有名なベチューンとコトニスの墓もここにある。 ベチューンは、カナダ共産党から解放区へ派遣されたカナダ人医師で、 1938年から紅軍とともに前線で負傷兵の治療にあたっていたが、伝染病に感染して翌年、殉職。一方、コトニスは、赤十字国際委員会から派遣された中国支援医療団のインド人隊長で、 42年、解放区で死去した。それぞれの墓の前に生前の姿をかたどった記念像が置かれている。また園内には革命烈士記念館と白求恩(ベチューン)展覧館が併設されている。 河北省石家荘市内。石家荘駅の西側、中山中路にある。

 
[ad#adsense]
 

河北省に立つベチューン像
河北省に立つベチューン像
0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

聶耳墓

中国国歌「義勇軍行進曲」の作曲家聶耳の墓。1912年、昆明に生まれた聶耳は18歳の時、 上海に出て音楽家としてデビュー。やがて劇作家の田漢らとともに左翼文化運動に身を投じた。 35年はじめ、田漢の映画「風雲児女」の主題歌として作った義勇軍更行進曲は、 たちまち中国全土で大ヒットし、中国民衆の抗日闘争を大きく鼓舞した。だが、国民党の弾圧にあい、 同年7月、亡命先の日本で遊泳中溺死した。楽器の形をした墓は、24の石段と7つの花壇で飾られており、 石段は24歳で死んだその若い生命を、7つの花壇は7音階をそれぞれ象徴している。 市の西南15キロの西山にある。

 
[ad#adsense]
 

義勇軍行進曲のポスター
義勇軍行進曲のポスター
0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

歌楽山烈士陵園(白公館)

1942年、アメリカの援助を受けて国民党が開設した中美(米の意味)特殊技術合作所の跡地。 ここは特務機関員を訓練する養成機関であるとともに共産党員など国民党に敵対する人間を収容する 牢獄でもあった。内部には20あまりの牢獄があり、そのうち最大のものが白公館と渣滓洞である。 白公館は、正式には第1看守所と呼ばれ、男性用の監房が20ほどあり、一方、第2看守所であった渣滓洞は、 男性用の監房が16、女性用の監房が2部屋あった。いずれも拷問室があり、大勢の革命家が ここで犠牲となったという。解放戦争末期、ここには300人ほどの政治犯が収容されていたが、 1949年11月、国民党が重慶を逃亡するさい、そのほとんどが殺害されたともいわれる。 張学良ととともに西安事件の際、蒋介石を監禁した楊虎城もここで殺害されたという。現在、特殊技術合作所跡を中心に展示室がもうけられており、当時の遺品や文献などが陳列されている。 また白公館と渣滓洞の両収容所跡には、拷問室や日の射さない陰湿な洞窟跡が残っている。 沙坪覇区の歌楽山のふもとにある。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

周公館

1938年から46年まで、共産党重慶駐在代表の周恩来が使用していた建物。別名、曾家岩50号。 国民党は、その活動を監視するため右隣に藍衣社の首領・戴笠の公館を置き、左隣には国民党系の 警察局派出所を配置した。現在、紅岩革命紀念館分館となっている。嘉陵江大橋の東の中山4路にある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

紅岩革命記念館

ここは支那事変中、重慶におかれた中国共産党の出先機関だった建物で、1階が八路軍弁事所、 2階が中国共産党中央南方局として使われていた。建物の周囲には、国民党の憲兵所や特務機関、 機関銃陣地などが配置され、その活動は常に厳しい監視下にあったという。なお2階の東側奥には、 1945年秋、重慶会談にやってきた毛沢東が泊まった部屋がある。現在、歴史記念館として 一般公開されており、館内には、500点以上の文物や写真が展示されている。場所は、市内西郊の紅岩村。

【関連史跡】共産党重慶駐在代表の周恩来が事務所としてつかっていた周公館が、嘉陵江大橋の東、 中山四路曾家岩50号にあり、現在、紅岩革命紀念館分館となっている。また1945年10月10日、 国共両首脳による会談がおこなわれたさい、毛沢東と蒋介石が「双十協定」に調印した桂園もこの周公館の近くにある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

八路軍西安弁事所紀念館

西安における中国共産党の出先機関だった場所。1936年の西安事件によって第2次国共合作が成立すると、 翌年5月、中国共産党はここに「紅軍連絡所」を設置。その後、紅軍が国民党第八路軍と改称されたため、 「八路軍西安弁事所」と改称した。延安入りを希望する人々へのビザ発給業務はここで行われ、支那事変期間中、 多くの青年たちが延安へと入った。解放区の医療に献身したカナダ人医師ノーマン・ベチューンや 共産党の活躍を報道した何人かの外国人ジャーナリストもここを経由して延安へ潜入した 。内部はいくつかの部屋にわかれ、それぞれ当時の資料や写真、文物などが陳列されている。 一角に秘密の地下室があり、国民党の監視下にあった当時の緊迫した状況がうかがえる。西安駅の近く、 北新街の七賢坊にある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

八路軍駐武漢弁事処旧址

事変中、武漢におかれた共産党の出先機関の跡。1937年12月、日本軍の侵攻により南京が陥落すると、 南京駐在の八路軍弁事処は国民政府の諸機関とともに武漢に移駐した。その後、日本軍の侵攻により さらに重慶に移るまでの約1年間、周恩来や葉剣英らがここを拠点に軍需物資の調達や抗日革命宣伝を 行った。現在、執務室・無電室・会議室などが復元され、「八路軍駐武漢弁事処革命史展覧」が常設されている。 漢口の長春街67号。中山大道の東、盧溝橋路と山海関路の間にある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

武漢戦跡

武漢攻略作戦は1938年8月に開始された。日本軍の編成は、中支那派遣軍司令官畑俊六大将の 指揮下に第2軍(東久邇宮稔彦王中将)と第11軍(岡村寧次中将)からなり、それに航空兵団主力と 海軍が参加した。作戦の概要は、第11軍を長江に沿って武漢へと進撃させ、第2軍を大別山系の 北側から南下させ、第11軍を支援するというものであった。対する中国軍は李宗仁の 第5戦区軍を長江北岸に、陳誠の第9戦区軍を南岸に配置し、その数およそ120万といわれた。 日本軍は途中マラリアと中国軍の激しい抵抗に悩まされたが、10月25日ついに武漢を陥落させる ことに成功した。この戦いで日本軍の損害だけでも戦死者約7000人、戦傷者約25000人という 犠牲を出したが、蒋介石はその直前に政府機関をさらに奥地の重慶へと移転させており、 中国軍の主力を叩くという日本側の意図はまたもや挫折した。ちなみに武漢一番乗りを果たしたのは 第6師団の佐野支隊で、佐野支隊は、戴家山のトーチカ陣地を突破して漢口市内の一角に突入した。 その後、派遣軍総司令官畑俊六大将らを迎えて武漢入城式が11月3日、漢口・江漢関前で挙行された。 武漢攻略作戦の主な戦跡は次のとおり。

 
[ad#adsense]
 

安慶

武漢攻略作戦の最初の目標となった都市。6月12日、海軍の揚子江部隊と陸軍の波田 支隊が上陸した。

九江

安慶から遡江した波田支隊を先鋒とする日本軍は途中、中国軍の猛撃に悩まされながらも7月26日、 ついに九江を占領した。この九江攻略作戦は、当時V作戦と呼ばれた。

星子

九江から南下した101師団と106師団が8月21日に攻略。廬山のあるふもとの村で、 詩人陶淵明の故郷としても有名。

馬頭鎮・田家鎮

長江の南北両岸に位置し、武漢防衛の最大の拠点となった場所。中国軍の抵抗は激しく、 武漢攻略作戦における最大の激戦地となった。馬頭鎮の攻略に当たったのは第9師団と第27師団および波田支隊で、 9月14日に占領に成功。また田家鎮の方は第6師団の今村支隊が当たり、9月14日に占領に成功した。 なおこのあたりは、かつて三国志時代、呉の武将周瑜が両岸にはりめぐらした鉄の鎖によって 魏の曹操率いる大船団を破った「鉄鎖沈江」のエピソードで有名な場所でもある。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!