八路軍総司令部旧址

支那事変中、八路軍は神出鬼没のゲリラ戦術で日本軍の支配地域をおびやかした。ここは、その総司令部跡で、山西東部を南北に走る太行山脈の奥深い山中にある。日本軍は何度も大軍を差し向けて、その司令部を叩こうとしたが、結局探し出せなかったという。司令部跡の ひとつ王家峪旧址は、両側を山で挟まれた険しい渓谷にあり、朱徳旧居をはじめ3棟の建物が 現存している。近くには朱徳が植えたといわれるポプラの大木があり、その枝の折れ口が ちょうど紅軍の星の形に見えることから、村人は今でも「朱徳のポプラ」と呼び親しんで いるという。もうひとつの司令部跡である磚壁村旧址は、王家峪の東方10キロにあり、 こちらも前方は深い渓谷、背後はそそり立つ山という険しい山中にある。 1940年に発動された百団大戦は、ここで指揮されたといわれる。現在、王家峪に 八路軍総部旧址記念館が開設されており、館内には支那事変に参加した農民のエピソードをはじめ、 当時の人民戦争に関する資料が多数展示されている。武郷県の東約45キロ。武郷県は太原の 南約100キロ のところにある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

白求恩模範病室旧址


ストリートビューが設定されていないので、一番近い保定市の東南にある高陽県を表示しています。

支那事変中、紅軍側で戦地医療にあたったカナダ人医師ノーマン・ベチューンが設けた病院跡。 1938年6月、この地におもむいたベチューンは、村の龍王廟を改造して野戦病院をつくり、 負傷した兵士たちの治療にあたった。ここは、その野戦病院跡で、のちに晋察冀軍区司令部によって 「ベチューン模範病室」と命名された。戦時中、日本軍によって破壊されたが、新中国成立後、 現状どおりに復元された。太原の東北方、五台県の県城東方45キロの松巌口村にある。

 
[ad#adsense]
 

ベチューン
ベチューン
0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

平型関戦役遺址

国民政府軍を追って山西の山岳地帯へと入った日本軍(板垣征四郎師団長)は、 1937年9月25日、崖の上で待ちぶせしていた林彪率いる八路軍によって敗退させられた。 日本軍の中国軍に対する初めての敗北であった。大同の東南、霊邱県の西方。現在、 京原鉄道(北京~太原)が走っている。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!