淮海戦役記念館

解放軍
解放軍

解放戦争の勝利を決定づけた遼瀋、平津、淮海の3大戦役は、1948年9月に開始された。 そのひとつ淮海戦役は徐州を中心に展開され、その勝利によって長江以北はほぼ共産党の勢力下に入った。 ここは、その淮海戦役を記念してつくられた歴史陳列館。高さ40メートル近い淮海戦役烈士記念塔が立っており、 館内には人民解放軍が使った武器や戦車をはじめ、前線を支援した一般民衆が使った手押し車など、 当時の戦闘の様子を伝える遺品が多数展示されている。市内南部、鳳凰山のふもとにある。
 
[ad#adsense]
 
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

台児庄戦跡

徐州会戦の前哨戦となった戦い。1938年3月24日、日本軍の瀬谷部隊が台児庄の一角を占領したが、 中国軍は孫連仲部隊を中心にこれを猛攻撃。四面楚歌に陥った瀬谷部隊は4月6日、ついに台児庄から撤退した。 中国側はこれを「台児庄で大勝利。日本軍敗退」と大々的に宣伝。無敵皇軍の神話を崩壊させようとした。徐州の東北にある。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

徐州会戦跡

南京攻略後の1938年4月、大本営は蒋介石直系軍の湯恩伯軍をはじめ多くの中国軍が 徐州方面に集結しているのをみて、徐州作戦を発令した。日本軍の編成は、 寺内寿一司令官率いる北支那方面軍と、畑俊六司令官率いる中支那派遣軍(南京虐殺の責任を 問われ解任された松井石根司令官の中支那方面軍に代わり新たに新設された)を主力とし、 それぞれ北支那方面軍は華北方面から徐州をめざし、また中支那派遣軍は南京方面から 北上するというかたちをとった。前哨戦となった台児庄の戦闘では、それまで連戦連勝だった 日本軍が初めて中国軍によって撤退させられるという事態も発生したが、結局、5月19日、 日本軍の手によって徐州は陥落した。ここに華北占領区と華中占領区が結ばれ、 いわゆる南北の打通が実現した。しかし、中国軍は徐州攻略直前、小部隊に分かれて 包囲網をかいくぐり脱出。当初、日本側が企図した包囲殱滅戦には失敗した。 徐州攻略作戦の主な戦跡は次のとおり。

 
[ad#adsense]
 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!