大韓民国臨時政府旧址

日本の植民地統治時代、韓国人革命家らが上海に樹立した亡命政府跡。1919年4月10日、三・一独立運動で揺れる 朝鮮半島から上海に亡命してきた韓国人活動家30人は、李承晩を臨時大統領とする「大韓民国臨時政府」の樹立を宣言した。その具体的な活動内容については異論もあるが、いまの韓国政府によればパリ講和会議に代表団を送り、日本の植民地支配の取り消しを訴えるなどの活動を展開したという。 日本敗退後に生まれた韓国政府は、この亡命政府の流れをくむものとされている。馬当路306号。復興公園と淮海公園の間にある。 中共一大会址の近く。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

竜華公園

1927年の四・一二クーデターの際、共産党員を含む多くの革命烈士が処刑された場所。共産党初期の 農民運動指導者・澎湃や左翼作家連盟の柔石などもここで処刑され、「上海の雨花台」(南京市にあった有名な刑場 )と呼ばれた。新中国成立後は、竜華公園として市民の憩いの場となっている。上海市の南西部、竜華にある。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

上海魯迅記念館

中国革命を文学の面で押し進めた文学者魯迅の業績をたたえて設立された記念館。魯迅逝去20周年を記念して 1956年に開設された。白壁に黒い屋根というつくりは、郷里の浙江紹興一帯の民家に似せたもの。館内には 生前愛用していた遺品や写真、直筆の原稿などが展示されている。虹口公園内。

【魯迅の文学転向のきっかけ】

もともと医学を志していた魯迅が文学へ転向したのは、日本留学時代に見た日露戦争の記録フイルムがきっかけだった。

それはロシア軍のスパイとなった中国人が処刑される場面を映したものだったが、そこで魯迅が衝撃を受けたのは処刑そのものの残虐さではなく、同じ中国人が処刑されるのを周囲で笑って見物している中国人の姿だったという。そこに魯迅は中国人の絶望的なまでに封建的な精神構造を見たのである。

この時、肉体の病気より中国国民の精神の治療が先だと痛感した魯迅は、その後、『狂人日記』、『阿Q正伝』など当時としてはセンセーショナルな白話体(話し言葉)による小説を次々に発表。やがて精神を改造する医者としての文学者の道を歩むことになったのである。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

魯迅墓

魯迅墓
魯迅墓

1936年に亡くなった魯迅はいったん万国公墓に葬られたが、新中国成立後、魯迅故居に近いこの場所に改葬された。 墓前には椅子に腰かけ、くつろいだ表情をした魯迅の銅像があり、墓碑には毛沢東の筆になる「魯迅先生之墓」の字が彫られている。 市内東北、虹口公園内。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

上海魯迅故居

魯迅が晩年を過ごした住居跡。赤煉瓦づくりの3階建てアパートで、魯迅は53歳から死亡した 56歳(1936年)までここに住んだ。2階に書斎兼寝室だった部屋があり、内部は生前のまま保存されている。机の上には 遺品の硯、筆、電気スタンドがおかれ、壁の日めくりカレンダーと時計はそれぞれ死亡した日付のままになっている。また 3階には国民党の白色テロが吹き荒れた時期、共産党員の瞿秋白をかくまった部屋がある。山陰路大陸新村9号。狭い 路地をはいったところにあり、ちょっとわかりにくい。【関連史跡】山陰路と四川北路の交差点に位置する中国工商銀行は、 当時魯迅の友人であった内山完造が経営する内山書店があった場所。なお、四川北路からこのあたりにかけてはかつて 日本人が大勢住んでいた地域である。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

鄒韜奮故居

鄒韜奮
鄒韜奮

抗日ジャーリストの鄒韜奮が1930年から36年にかけて住んでいた家。鄒韜奮は『生活』や『大衆生活』などの雑誌を 主宰して人々に抗日を呼びかけた革命的ジャーナリストで、36年12月22日、全国各界救国連合会を結成して、 沈儒鈞・李公樸らとともに国民党に逮捕された抗日七君子の一人でもある。37年に釈放されたあとは、武漢・重慶・香港などを 転々としながら、抗日活動に従事した。1944年7月に病没。旧居は解放後に復元され、現在鄒韜奮記念館として 一般公開されている。重慶路万宜坊54号。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

三山会館

三山会館
三山会館

1927年の蒋介石による反革命クーデターの際、労働者側の拠点のひとつとなった場所。同年3月21日、 上海の労働者は周恩来ら中国共産党の指導で一斉に蜂起。それまで上海を牛耳っていた軍閥の孫伝芳を追い払い、 労働者を主体とした上海臨時特別市政府を樹立した。その際、労働者糾察隊滬南総部の拠点となったのがこの建物で、 もとは福建の同業組合会館として使われていた。しかし4月12日、革命を裏切った蒋介石軍によって攻撃され、 たてこもっていた多くの労働者が犠牲となった。南浦大橋の南、中山南路沿いにある。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

孫中山故居

孫文が上海時代を過ごした邸宅。洋風2階建てのフランス風家屋で、晩年になるまで自分の家をもたなかった 孫文のためにカナダ在住華僑らが共同で買い与えたもの。軍閥混戦時代、広州を追われた孫文は1918年から 24年までここに居を構えた。その間、22年9月にはソ連外交官ヨッフェと前庭で会談、「孫文・ヨッフェ共同宣言」を 発表するなどしだいにソ連への傾斜を深めていった。なお、孫文が死去した後は、夫人の宋慶齢がしばらくここに住 んでいた。室内はすべて生前の様子が再現されている。復興公園のすぐ近く。香山路7号にある。

 

[ad#adsense]

宋慶齢と孫文
宋慶齢と孫文
0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

顧正紅紀念館

 
五・三〇事件と、その中で犠牲になった共産党員・顧正紅に関する歴史資料館。1925年5月16日、 日本資本の内外綿第七工場で労働者と工場側が衝突、その際、共産党員の労働者顧正紅が射殺された。これに抗議する 民衆が5月30日、共同租界内をデモ行進していたところ、暴動化を恐れたイギリス警察隊が発砲、死者24名、 重傷者数十名を出す惨事となった。この 五・三〇事件をきっかけに反帝闘争の機運が全国に拡大、その後の 国民政府による北伐を民衆レベルで後押しすることとなった。館内には五・三〇事件に関する資料をはじめ、顧正紅が 手にしていたこん棒などの遺品、さらに労働者の管理に使われた便所札(当時は、労働者が便所でサボらないよう 便所に行くのも許可制だった)など当時の過酷な労務管理をしのばせる道具が数多く展示されている。澳門路150号。

顧正紅
顧正紅

五・三〇事件の現場となったのは人民公園に近い南京東路の康泰食品店の前。事件の跡を示すものは、 以前は壁面にかけられた小さな記念プレートのみであったが、現在は記念碑が建っている。

530事件を示すプレート
530事件を示すプレート

 

530事件記念碑
530事件記念碑
少年工
少年工

【五三〇事件と横光利一の『上海』】
「満潮になると河は膨れて逆流した。測候所のシグナルが平和な風速を示して塔の上へ昇っていった。海関の尖塔が夜霧の中で煙り始めた…」

この有名な書き出しで始まる横光利一の代表作『上海』は、一九二五年の五三〇事件に揺れるさなかの上海を舞台にした小説である。投機買いに疲れた銀行員を中心に、材木の買いつけにやって来た商社マン、風俗店で働く日本女性、白系ロシア人の娼婦、そして労働運動を指導する共産党の美しく若い中国人女性などをからめながら、当時の上海にうずまいていた革命の熱気を、またそれとは対照的に自堕落な日を送る上海在住の日本人たちの生態を虚無的に描いている。

横光は一九二八年春に実際、一か月ほど上海に滞在しているが、これはそのときの印象を元に創作したものであろう。また小説に出てくる芳秋蘭という共産党員はあるいは五三〇事件の中で殺された顧正紅からインスピレーションを得たものでもあったのだろうか? もっとも顧正紅は女性ではなく男性であるが、しかし横光はそれを美しい中国人女性に仕立てることで小説としての完成度を高めようとしたのかもしれない。

 

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

中国共産党第一次全国代表大会会址

[ad#adsense]

五四運動後、各地に誕生した中国の共産主義者グループは、1921年7月、その代表を上海に送り込み、全国的な統一組織 である中国共産党を正式に発足させた。ここはその代表大会が開かれた場所で、当時のフランス租界にある。出席したのは コミンテルンのマーリンはじめ張国熹、董必武、李漢俊、周仏海中国内外の共産主義者12名。そのなかには湖南代表 として若き日の毛沢東の姿もあった。会議では、まず各地の活動状況をそれぞれ報告した後、全会一致で中国共産党の 設立を決議。さらに今後の活動方針について話し合った。だが、4日目に密偵に探知されたため討議を一時中断、 メンバーはただちに裏口から逃走した。その後、会議は浙江嘉興県に移され、再び討議が続けられた。旧址内は、 のみかけの茶碗がそのままテーブルの上に置かれており、当時の様子が生々しく再現されている。また中国共産党誕生の 歴史的背景などに関する資料も数多く展示されている。興業路76号。淮海公園と復興公園のちょうど真ん中に位置し、 興業路と黄陂南路の公差点にある。

 

創設期の中国共産党員
創設期の中国共産党員
創設期の中国共産党員
創設期の中国共産党員

【コミンテルン】
ロシア革命後の一九一九年、各国におけるプロレタリアート(労働者階級)の革命運動を支援し、社会主義政権の樹立をはかる目的で創設された共産主義者の国際組織。モスクワに本部が置かれ、各国共産党はその支部という形をとった。一九二一年に中国共産党が結成されたのもコミンテルンから派遣されたヴォイチンスキーの働きかけによるものであった。だが、そもそも人民の大部分を農民が占める中国に、都市労働者による革命を説くマルクス・レーニン主義の公式をそのまま当てはめることは現実的ではなかった。そのため、中国共産党内部には農民を主体にすべしと主張する毛沢東派とあくまで教条主義に固執するモスクワ派との間に革命路線をめぐって深刻な対立がもたらされることになる。その対立は一九四三年にコミンテルンが解散されるまで続いた。

0
中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!