0

八一南昌起義関連史跡

sponsored ads
暴動の指揮をとる周恩来
暴動の指揮をとる周恩来

江西革命烈士紀念堂
暴動の指揮をとる周恩来
土地革命期(1927~37年)に革命に殉じた江西出身の兵士300人あまりを中心にその闘争歴や 遺品などを展示している。三階建て、高さ22メートルの建物で、1953年の落成。正面ホールには 「共産主義是不可抗拒的!星星之火可以燎原!死難烈士万歳」という毛沢東の題詞を掲げている。八一大道の なかほどにある。

軍官教育団旧址
南昌蜂起の母体となった革命軍将校を養成した士官学校跡。国民党のもとで南昌公安局局長に任ぜられた 朱徳によって創設されたもので、正式には、国民革命軍第3軍軍官教育団と呼ばれた。名目上は国民党軍の 幹部を養成するための士官学校であったが、実際には中国共産党の指導下にあり、南昌蜂起のさいは、蜂起軍 の中核として大きな活躍をした。場所は、八一大道のつきあたりの手前を西へ入ったところ。八一公園の近く。 朱徳同志故居も近い。

南昌起義紀念塔
八一南昌起義を記念して建てられた塔。方形で高さ45.5メートル。1977年の建造。八一広場の南端にある。

sponsored ads

八一公園
もとの湖浜公園。南昌蜂起のさい激戦地となった場所であるため、新中国成立後、これを八一公園と改称した。 長征路のなかほどにある。

葉挺指揮部旧址
南昌蜂起のさい、葉挺の率いる第11軍の指揮部が設けられた場所。当時の心遠中学の校舎だったところで、 階上に執務室・会議室・電話交換室などが置かれ、階下が護衛部隊の詰所として使われていた。百花洲の 東湖のそば、第2中学の構内にある。

sponsored ads
sponsored ads

中国捏造近現代史観光史跡をつぶやいてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)