中国近現代史の旅

旅順粛親王王府跡

旅順粛親王王府跡

辛亥革命後の1912年、清朝復興を悲願とする旧筆頭皇族・粛親王善耆が日本人大陸浪人川島浪速の手引きで北京を脱出。日本軍の…

通州事件跡

通州事件跡

1937年7月29日、通州の中国人保安隊3000名が、同地に駐屯していた日本軍守備隊および 日本人居留民をいっせいに襲…

古寧頭戦史館

古寧頭戦史館

1949年10月25日、人民解放軍は大陸を逃れた国民党軍を追って福建・アモイ沖2キロに浮かぶ金門島の古寧頭に上陸、一…

太平天国

太平天国歴史博物館

太平天国に関する資料を集めた歴史博物館。天王洪秀全の胸像をはじめ、洪秀全の玉衣や玉璽、また太平天国軍が使用した大砲など当…

義和団

義和団記念館

1900年に華北一帯を襲った義和団に関する資料を集めた歴史記念館。もとは伝説の仙人、呂洞賓をまつった呂祖堂で、義和団事…

武昌起義

武昌起義軍政府旧址

武昌蜂起の際、湖北革命軍政府が置かれた建物。1911年10月10日、武昌で蜂起した革命派はわずか1日のうちに 武昌全域を占領…

長征

遵義会議旧址

瑞金をあとにした中国紅軍第1方面軍は、追撃する蒋介石軍をふりきり1935年1月、 ここ貴州遵義にたどりついた。毛沢東はここで…

満州国皇宮

満州国皇宮

「満州国」皇帝溥儀の宮殿跡。宮殿というにはかなりこじんまりした造りで、かつて大清国皇帝として北京の紫禁城に 君臨した溥儀…

盧溝橋

盧溝橋

北京の西南郊外、永定河にかかる石造りの橋。かつてマルコポーロが「世界一美しい橋」と旅行記のなかで紹介 したことから別名…

ストリートビューで巡る史跡ピックアップ 黄河決壊跡 河南省

テーマで巡る歴史観光コース
このサイトのめざすところ

阿片戦争にはじまり太平天国の乱、辛亥革命、そして支那事変から新中国成立と、中国の近現代史はまさに激動の100年でした。この波乱の歴史の跡をいまもなまなましく刻む中国大陸。このサイトは、そうした歴史スポットの数々を自宅にいながらにしてバーチャル体験できることをコンセプトに作られた歴史観光ガイドです。

いわゆるアームチェアトラベラーにはもちろん、実際に現地まで出かける人のためのガイドブックとしても役立つことを目指しました。

中国ではいま中国共産党の歴史を学ぶ「紅色観光」がブームとのことですが、それにならえばこちらはいわば日本人のための「紅色観光ガイド」といえるかもしれません。もちろん日本人のためと銘打っているからには、中国共産党政府によるあきらかなねつ造歴史には断固反対という立場を取っております。しかしながら、「真実こそが悲劇を防ぐ」という信念から、歴史解説の部分は特定の立場に偏ることなくできるだけ中立的な視点を守るようこころがけました。

視聴者の一人ひとりが中国の近現代史に興味をもっていただくと同時に、近年摩擦が生じている日中間の歴史認識問題に対してもより深い理解に到達できるよう、このサイトがひとつのきっかけとなってもらえたら幸いです。

日中戦争は誰が引き起こしたのか?

中国歴史(近現代史)観光ガイドPAGE TOP